Aipoに登録されている予定のリマインダーをSlack上で受信できます。Slackで作業中も重要な予定をリアルタイムに把握することができ、SlackとAipoがシームレスに繋がることにより仕事の効率化に貢献します。

Slack連携設定(管理者ユーザー)

SlackとAipoのユーザーアカウントの紐付けは「メールアドレス」で行います。APIやWebhookなど難しい知識を必要とせず、誰でも簡単に連携を開始することができます。

Aipoの管理者権限を持ったユーザーでログインし、画面左下の「メインメニュー」から「管理設定」「基本情報」「サービス連携」「連携する」をクリックします。

「連携する」ボタンをクリックすると、Slackの認証画面が開きます。Aipoと連携したいSlackのワークスペースが選択されていることを確認し、「許可する」をクリックします。

Aipoの管理設定画面に戻り、Slack連携の項目に「(Slackのワークスペース名)と連携しています。」と表示されていたら連携完了です。
連携されるとSlackにAipoという名前のbotユーザーが追加されます。

 

リマインダーをSlackへ送る通知設定(各ユーザーごと)

Aipoにログインし、画面左下の「メインメニュー」から「通知設定」を開き、デフォルトの通知方法(アラーム)「通知する」にし、「Slack」にチェックを入れ、「更新する」をクリックします。
すると、今後登録した予定のリマインダーがSlackに通知されるようになります。

  • 通知設定を行なった後に登録した予定から、反映されます。
  • すでに登録しているスケジュールは、スケジュール詳細画面の「アラームを設定する」からアラーム設定をお願いいたします。

 

Slackとの連携を解除する(管理者ユーザー)

Aipoの管理者権限を持ったユーザーでログインし、画面左下の「メインメニュー」から「管理設定」「基本情報」「サービス連携」「連携を解除する」ボタンをクリックします。

すると、AipoとSlackの連携が解除されます。

回答が見つかりましたか?