今回は、Aipo ワークフローの活用例をいくつかご紹介いたします。
(ワークフローの基本的な使い方はこちらをご参照ください。)

はじめに

ワークフローシステムは働き方改革にわかりやすく貢献します。

Aipo ワークフローでは、「申請」「承認」「差し戻し」「却下」の各操作をインターネットに接続できればどこからでも行えるため、「申請するためだけの帰社」「承認のために上司の戻りを待つ」「手が離せない時に承認を催促される」といった無駄な時間を削減し、申請から承認までを高速化でき、本来自分がやるべき業務に取り組む時間が増えます。

入力内容や決裁ルートテンプレート機能もあり「フォーマットがバラバラ」「必須項目が埋まってない」「誰に申請すればいいかわからない」ということがなくなります。

また、紙で申請書を管理している場合、探すのも一苦労です。
Aipo ワークフローでは、カンタンに申請の検索ができ、「誰が」「いつ」申請・承認したのかも決済履歴を見ればすぐにわかります。
 

勤怠管理系(休暇申請・残業申請など)

休暇申請・残業申請など、日常的に発生する申請業務手続きも簡易的に行えます。

「部署毎に勤怠管理をしている」場合は、テンプレートを各部署毎に作成する事で、簡易的に申請業務が行えます。
(勤怠管理系のテンプレートサンプルはこちらをご参照ください。)

 

経費精算系(交通費申請・経費申請など)

出張や社外打ち合わせの際に、発行した領収書を撮影・スキャンし、依頼にファイルを添付することで、スムーズに経費精算などの申請業務が行えます。
(経費精算系のテンプレートサンプルはこちらをご参照ください。)

 

貸出・持出系(貸出申請・設備利用申請など)

貸出申請や設備利用申請を行い、承認されたワークフローのリンクを発行し、カレンダーの内容欄に入力する事で、しっかり承認された予約ということが、明確に共有できます。
(貸出・持出系のテンプレートサンプルはこちらをご参照ください。)

 

備品管理系(購入申請・購入依頼など)

業務を快適に行うために必要な備品や消耗品の在庫が無くなった場合にも、カンタンに申請することができます。

在庫切れで業務がストップしてしまったり、クッションの購入を我慢したせいで腰を痛めることがなくなります。
(備品管理系のテンプレートサンプルはこちらをご参照ください。)

回答が見つかりましたか?